殺菌効果

スタジオ内:設置紫外線ライト:GL20(20W)2灯 東芝製
トイレ・手洗室:設置紫外線ライト:GL6(6W)各1灯 東芝製
紫外線(UVC)照射線量:最低(最もライトから遠いところ)約4.7μW/cm²(各室共)
計算 60x60x0.0047mW.s/cm² = 16.9mJ/cm²(1時間の最低照射線量)
23分程度の照射でインフルエンザウイルスはほぼ不活化します。下表参照(新型コロナウイルスについては調査中ですが、インフルエンザウイルスと比べて紫外線に弱い(約3倍)とのデータも存在します。↓参照)
参考資料1
http://bigbird.riast.osakafu-u.ac.jp/~akiyoshi/Works/Anti-Covid-19.htm

参考


表:各種の微生物を死滅させるために必要な紫外線照射量(99.9%不活化に必要な紫外線照射量及び時間)

菌名 mJ/cm² 殺菌時間 文献
大腸菌 5.4 19分 1
コレラ菌 10.2 36分 4
レジオネラ属菌 7.5 27分 4
チフス菌 7.5 27分 4
パラチフス菌 9.6 34分 4
炭疽菌 13.5 48分 4
結核菌 18 64分 4
ロタウイルス 24 85分 7
A型肝炎ウイルス 11 39分 7
インフルエンザウイルス 6.6 23分 3

[文献]
1.河端俊治, 原田常雄, 殺菌灯による水の消毒, 照明学会誌, 36(3), pp.89-96, 1952
3.Kaufman, J.E, IES Lighting Handbook 5th Ed., 1972
4.Water Environment Federation, Wastewater Disinfection. Manual of Practice FD-10, 1996
7.平田強編, 紫外線照射-水の消毒への適応性, 技報堂出版, pp.101-116, 2008

[本表取り扱い上の注意]
1) 本表中の値は、様々な試験条件下で実施していますので厳密な相互比較は困難であることはご了承ください。
2) 本表掲載の紫外線照射量は、出典記載の値から計算して出した値もあります。